パパはこころのかぜ

子育てのこと。いろいろな経験や日常を綴ります

小学3年生 学級委員決め  1票の差で・・・!! みんなお友達☆彡

娘。小学3年生の時のおはなし

2学期の始めに

夕方、家の電話が鳴りました!


番号表示を見ると、娘の学校から...

「何だろう?」

 

ドキドキしながら電話に出ると、

娘の担任の先生

 

先生

今日、娘さんは、帰宅後、元気ですか?

 

パパ

いつもと同じで、元気ですよ

 

先生

今日、クラスの学級委員決めをしました

 

 

先生から話を聞くと、

 

学級委員を決める時に、娘ともう一人の子が、最後の候補になったんだとか。
それで、クラスの全員で、二人のどちらかを選ぶ投票をした結果、

何と、同票!

 

その日は、学校をお休みしている子がいたので、

「また、明日、決めます」と担任の先生

 

先生

もし明日、選ばれなくても、気を落とさないようにと、電話をかけてきてくれました。

 

 

その夜、娘と話して

パパ

今日、クラスの半分のお友達が、選んでくれて良かったね

 

うん。ドキドキしたけどね

 

パパ

明日は、選ばれても、選ばれなくても、みんな、お友達だよ

 

わかってる

 

翌日、

1票の差で、

お友達が、学級委員に選ばれました!

 

その日、娘は、清々しい顔をして学校から帰ってきました。

 

学校から帰宅して、

そのことを パパに伝えた後、

スグに、友達と遊びに出掛けて行きました。

 

その娘の姿を見て、パパは、安心しました。

娘には、お友達がいて、クラスで、みんなと仲良くやっている。

それが、わかったから...

 

親として、

嬉しかったなー☆彡

 

前日に、電話をくださった担任の先生に、

とても ありがとうな気持ちになりました。

 

 

月日は流れ、

4か月後の

3学期の始まりに

 

学校から帰るなり、娘が言いました!

 

パパーっ

学級委員になったよーって


ニッコリ笑顔で

 

 

パパに学級委員になったことを伝えると、娘は友達と遊びに出掛けていきました。

 

そして、パパも

ニコン

笑顔になりました☆彡

 

学級委員

 バッタさんOk

 

スポンサーリンク
   

 

スポンサーリンク