パパはこころのかぜ

子育てのこと。いろいろな経験や日常を綴ります

夕食タイムは家族バラバラ☆彡 高校生の乱れた生活と母親がサービス残業で帰りが晩い

子育て世帯のお母さんの帰りが23時って!

家族での夕食タイム

家族一緒は土日だけ

我が家の夕食は、妻の帰りが晩いので、僕と娘とお祖母ちゃんの三人で食べていました。平日はいつも三人で。

 

家族一緒の夕食は、休日だけです。

 

僕と母(お祖母ちゃん)の二人での夕食に

今年の冬休みに、すっかり昼夜逆転してしまった高3娘が、午前授業で帰ってきてからお昼寝をするようになりました。お昼寝というより夕寝です。

 

16時頃から寝て、夕食の時刻に呼んでも起きません。

 

仕方がないので、僕と母(おばあちゃん)の二人での夕食になりました。

 

高3娘の夕食タイム

起こさないと、基本は起きません。

塾のない日は、23時頃に帰宅した妻と一緒に食べていることも!

その日によって食べる時間が決まっていません。

 

先日なんて、眠過ぎて、夕食を食べずに、朝まで寝ていました!

昼夜逆転して、24時間1回転して、翌日の朝まで寝ていました。

どうやったらそんなに眠れるんでしょう?ね!

 

僕は長時間寝ていると、頭痛や腰痛、便秘になります。

 

コレではいけない高校生の生活リズム

そんな生活を続けていたら、いつか身体を壊します。

娘には、

「睡眠と食事は疎かにしてはいけない」

と言っていますが、食事の時間がバラバラなだけで、しっかり食べているので、体重が減っていることはないんです。

 

しっかり寝過ぎて、しっかり食べています☆彡

 

困ったものです。

 

原因はスマホ!ではない

娘が夜中に起きている時は、スマホはしていません。

何故かというと、スマホは24時になったら、僕の部屋で娘のスマホを翌朝まで充電するからです。

 

スマホの充電は、僕の部屋なので、24時に娘が僕の部屋へヤってきて、スマホを充電器に接続します。

そして翌朝に、充電されたスマホを僕の部屋へ取りにきます。

自動的に充電器に戻ってくるロボット掃除機みたいです☆彡

 

昼夜逆転は何かと良くない

生活リズムが狂ってしまって、規則正しい睡眠と食事ができなくなっています。

家族との食事の時間も合わなくなって、独りさみしい食事になってしまいます。

 

起きないと思いきや

先日の夕食は餃子でした。

餃子は一度に二人分(12個)しかフライパンにのらないので、高3娘は起きてこないだろうと、僕と母(おばあちゃん)の餃子を焼いて、先に食べようと夕食の支度をしていました。

娘と妻の分は、後から焼けばいいと思い。

 

そして、僕と母の二人分の餃子が焼き上がり、「ご飯だよー」って、呼んでみると、直ぐに母が食卓に来たので一緒に食べようとしたら、何と!高3娘がいつもの夕食の時間に登場しました!

 

いつもは、いつもの時間に夕食を用意しても起きてこないのに!

 

慌てて、僕の餃子を高3娘のお皿にうつして、高3娘とおばあちゃんの二人で夕食を食べ始めました。

 

そして、僕は自分の餃子を焼き始めました。

 

やっぱり夕食は家族一緒に食べたいね

無茶苦茶生活高3娘の生活リズムの乱れで、家事も何かとハカドリません。

 

それと、妻の帰りが19時頃までに帰ってきてほしい気持ちです。

娘が小学6年生の時から、妻の帰りが晩くなってしまいました。

 

親が夕食の時に、家にいないことは、子どもにとって、良くないことだと僕は感じています。特に、お母さんという存在は、女の子にとって、悩み事やいろいろな相談ができる存在で、父親には話しにくいこともあると感じるからです。

 

妻のサービス残業は、いつまで続くのでしょう?

帰りが晩過ぎる妻も倒れてしまいそうです。

毎日23時頃帰宅です。

しかも仕事を家に持ち帰り、休日も家で仕事をしています。

 

会社は子育てする女性が夜晩くまで会社に残っていることを何とも思わないのでしょうか。

もし、自分の家族がそういう状況(子育てお母さんの帰りが晩い)だった場合のことを考えてほしいです。お母さんだけでなく、子育て中のパパママを早く帰してあげてください。

 

男女平等はわかりますが、子どもはお母さんが大好きです。

また、子どもの生活リズムが乱れてしまう原因にもなってしまいます。

 

夜、母親のいない家で待っている子どもは、いつもさみしい思いをしています。

「ママおそいねー」って

 

patorearobot.hatenablog.com

 

 

 

今日の散歩

夕食の時間

曇ってました

 

 

夕食の時間

悲しい感じがします

 

 

夕食の時間

いつもの場所で

 

 

スポンサーリンク
   

 

スポンサーリンク