パパはこころのかぜ

子育てのこと。いろいろな経験や日常を綴ります

幼稚園の入園準備 幼稚園選び 娘の時は、こんな感じだったよ☆彡

幼稚園に入るとき

入園する幼稚園を決めたのは、4月に入園する半年くらい前。

ママと娘は、いくつかの幼稚園の見学会に行っていました。

 

パパは、てっきり家から近い幼稚園を選ぶのだろうと...思っていました。

家から近いと、通いやすいし、行事の時にも歩いていけるから...

それに、小学校に入学する時に、近所のお友達も多くいるし...

 

いろいろ迷っていると、お隣の一つ年上のお姉ちゃんが通っている幼稚園の話を聞くことができました

「一度、見学に行ってみようか」ということになり、見学会の予定日を調べ、ママと娘で参加しました。

 

見学会当日 娘は嬉しそうに帰ってくる

頭には、年長さんが作った「ミッキーさん」のお面...

それと、手作り首飾りをつけて...

それに、シャボン玉までもらって...家で「ふーっ」って...

 

パパ:「幼稚園どうだった?」と娘にきくと...

娘 :「いくっ」って...

 

近所の幼稚園までは、家から1kmくらい

娘が「行くっ」と言った幼稚園は、4kmあります!

体調が悪かったパパは「送迎できるかな?」が、頭に浮かびました。

 

娘が見学した幼稚園を気にいった理由

娘は、見学会の時に、年長さんの鼓笛隊のカッコいい姿をみてしまったからです。

 

娘:「パパねー。太鼓すごいんだよー!」

  「太鼓の音が大きくて...お耳がビックリしたよ」って...

  「ドンドンドン」って...

娘は興奮気味に語っていました。

 

幼稚園に問い合わせると

「ご自宅の近くまで送迎バスが通っています」

それなら通えるかなと...ほぼ決まりました。

 

その幼稚園では、年少さん入園前の一年間に幼児教室という「子どもと保護者で通う授業」が、週一回ありました

娘が初めて見学に行った日(入園9か月前の7月)には、もう幼児教室に通っている子が殆どでした。

その見学会の時は、幼児教室には申し込まずに、幼稚園の案内などの入った大きな袋をもらって帰宅しました。

 

幼稚園の入園申し込みは、10月頃というイメージがあったので、のんびり構えていたのですが

9月の中頃に、家の電話が鳴りました!

電話に出ると、娘の入る予定の幼稚園からでした。

 

「見学会に参加された時にお渡しした書類で入園手続きできますよ」って!

9月から書類を受け付けているということでした!

 

10月だとばかり思っていたのと、もらってきた書類の中に入園書類が入っていることに気付いていなかったのです。

 

それを聞いて、焦るパパ

「定員に達していたらアウト」が浮かびました。

大急ぎでお仕事中のママの携帯に電話して、明日、幼稚園に申し込みに行くことになりました。

 

翌日、ママと娘は、入園の申し込みに行こうとした朝、クルマのエンジンが掛かりません。

どうしようと困っていると、

おばあちゃんが「おばあちゃんのクルマ」で送ってくれることに...

「おじいちゃんの病院へ行くからついでだよ」と言ってくれました。

「入園申し込みセーフ」あぶなーっ!

 

その時に、幼児教室(入園前のクラス)にも入る

幼児教室は、週一回、子どもと保護者で参加します。

ママはお仕事で行けないから...

そこはパパが行くところなんだけど...

パパの体調が悪過ぎて、パパの代わりに「おばあちゃん」が、娘と幼児教室に通ってくれました。

 

幼児教室の遠足とクリスマス会とお別れ会の時には、ママと娘で参加

ママと参加できた日は特別な日で、娘は大喜び。

ママも子育て行事に参加する機会が少なかったので、貴重な日だったと思います。

幼児教室での娘の姿を見ることができて...

 

入園グッズの用意

そうやって入園前の一年間を過ごして、入園2か月前に、幼稚園で使うコップやスプーン等を入れる袋や、上履き袋、手提げバッグ等を、ママがミシンでつくりました。

 

歯磨きセット袋

コップと給食のスプーン、ホーク入れ袋

 

 

ママが、つくっている横で、娘が嬉しそうに見ていました☆彡

 

幼稚園の上履き袋

上履き袋 体育館シューズ袋

 

 

制服や帽子、体操服、通園リュック等の購入もママと娘の二人で幼稚園へ行き、試着して注文しました。

 

制服や体操服のサイズ決めが、意外と悩みました。3年間でどのくらい成長するのだろう?と悩みます。

 

娘は入園(年少さん)時、身長100cm → 卒園(年長さん)時、120cmでした。

この子はきっと大きくなる予感がしていたので、入園時に120cmのサイズの制服や体操服を選びました。年少さんの頃は大き過ぎて「ブカブカ年少さん」でした☆彡

 

情報は実際に通っている保護者にきくことが近道

幼稚園、保育園、託児所など、子どもを預かってもらうところ選びは、本当に難しいことだと感じました。

実際に入ってみないと分からないこともあります。

 

ネットでの情報はあるけど、やっぱり、実際に通っている保護者の方から情報をきくことは大切なんだと感じました。

 

お子さんにあう幼稚園、保育園、託児所に出会うには、やっぱり見学会に参加することも大切です。雰囲気だったり、家からの距離や、送迎のし易さも考慮して...

 

大切な時期の3年間

僕は、娘と3年間、幼稚園に通うことができて、とてもいい経験になり、思い出もできました。

幼稚園の3年間で、いろんなことがあって、子どもと一緒に、親も成長することができます。

 

我が子の成長に感動したり、時にはトラブルもあったり...

 

いろんなことで、うるうるして、いろんな涙が流れてくるのです。

嬉し涙、感動涙、悔しい涙など、いろいろです☆彡

 

子育ては体力勝負

保護者も元気で子育てできるように、体調には気を付けていきましょう。

この時期の小さな子って、園で流行っている風邪や病気を、いっぱいもらってきます。

子育ては、とっても大変なのに、親子で体調を崩すと、大変が何倍にもなってしまいます。

 

また、人間関係で体調を崩さない様に。

 

さいごに

「時には気合いも必要ですが、決して無理をしない」ことです。

泣いて笑って、いい思い出を、たくさんつくってください。

 

お子さんが元気でいることも大切ですが、お母さん、お父さん、保護者のみなさんが元気でいることも大切ですよ。

 

そっと応援しています☆彡

 

あわせて読みたい

patorearobot.hatenablog.com

patorearobot.hatenablog.com

patorearobot.hatenablog.com

 

スポンサーリンク
   

 

スポンサーリンク