パパはこころのかぜ

子育てのこと。いろいろな経験や日常を綴ります

「ゲッさん」と「みずぼうそう」!水疱瘡の時の診察は小児科の先生もモーダッシュ!!!

水疱瘡 みずぼうそう

謎の体調不良の原因は!

娘が、小学2年生の時のこと。

寒い冬の空の下、学校から帰ると、友達と公園で遊んでいた日々。

ところが、ある日の金曜日の夕方、急に、グッタリした娘。

「気持ち悪い」って。体調不良。

 

熱を測ると、38度。直ぐに「こどもクリニックへ」。

インフルエンザの検査は「陰性」。

お腹のお薬と、風邪薬をもらって、帰宅。様子をみることに。

翌日も、同じ感じで、グッタリしていた。

 

おかゆ」と「水分」と「お薬」で様子見。

土日で学校が、お休みだったので、ママが、お家にいるから、いつもの病気の時は、ママは、お仕事に行っていないので、その時の娘は、苦しかったけど嬉しかったと思います。

 

なかなか熱が下がらず、夜中に「気持ち悪い」と、強烈な吐き気で、横で寝ていたパパを起こして「パパ、苦しい」と、空っポのお腹から、水分を戻して「涙さん」が流れてきました。

「ゲッさん」が出ちゃった。と、もどした物を見て、辛そうな表情。

少し水分を摂って、何とか寝付かせ、横で見守りました。

 

金曜日夕方から熱が出て、「グッタリ」した娘。

日曜日の夕方になって、「おしりが、かゆい」と言うので、見てみると、「ポチン」と、ダニに刺された感じ物が「一つ」「何だろう?!...」

夜になって、その「ポチン」の数が増えてきて、腕にも出てきました!

 

娘に、「学校で、病気で休んでいる子いる?」って。きくと、

「みずぼうそう」で「9人休んでる」。って...。

 

慌てて、ママと娘とパパで「こどもクリニック」へ行き「娘の症状のこと」と、「学校で水疱瘡が流行っていること」を受付の人に伝え、隔離室で、待っていました。

 

いつもの優しい先生が、娘を診に来て、服をめくって「チラっ」と見て、「間違いない!水疱瘡だね。ニコっ」って。

「お薬出すから飲んでねー」。「バイバイー」って。...先生はモーダッシュで診察室へ戻って行きました。

 

「先生も、うつりたくないのかなー...」と、思うほど、早い診察でした。

 

その時期に、水疱瘡が流行っていたみたいで、数え切れないほどの、お子さんを診ている先生を信頼しているので、逃げ足の速い、いや、大急ぎの診察の先生を見て、家族で笑ってしまった記憶があります。

 

水疱瘡の症状は、詳しくは、分からないけど、娘の場合は、数日前から、高熱吐き気が来てから、発疹が出ました。

2学期の終わり頃だったので、学校をお休みして、お薬を飲むという治療。

終業式にも行けなかったけど、担任の先生が、通知表を持って、家に来てくれました。

 

担任の先生は「クラスのお友達も、半分くらい、水疱瘡だよ」って。

「みんなも頑張っているから、早く元気になってね」って。

 

水疱瘡

「娘が病気の時の添い寝パパ!娘が描く」

 

 

高熱「ゲッさん」で、苦しかったけど、本当に頑張ったね。

添い寝していて、応援していたよ。

やっぱり「元気が一番」です。

 

 

小児科の先生との出会いの記事

patorearobot.hatenablog.com

 

ガッさんの記事もあります☆彡
patorearobot.hatenablog.com

スポンサーリンク
   

 

スポンサーリンク