パパはこころのかぜ

子育てのこと。いろいろな経験や日常を綴ります

スポンサーリンク
 

アルバイトで学んだこと 【第2話】 アルバイト初日

 

patorearobot.hatenablog.com

 

第1話のつづき

 

 

アルバイト初日(面接翌日)

学校から帰り、バイト開始時刻30分前に、ドキドキしながら、お店に行くと、社員Hさん(女性)が「来るの早いねー(30分前)」と、驚いていました。

 

小学生の頃から、習い事や、学校の部活(朝練や遠征時)、試験の時等、殆どの集合時刻が、いつも30分前に到着だったので、バイト先へ着くのが、他のアルバイトさんたちよりも、早過ぎたようです。

 

社員Hさんは「まずは、タイムカードね」と、僕の名前の書かれたタイムカードをガチャンとさして、タイムカードの仕方を教えてくれました。(最近のタイムカードはガチャンという音はしないと思います)

 

次に着替えのロッカールームへ行くと、社員Iさん(男性)が、「ここのロッカー使いな」と、教えてくれました。

 

ロッカーの扉を開けると、僕の制服が用意されていました!

制服とネクタイ、帽子を見て、いよいよって気持ちになりました。

 

そして、社員Iさんは、僕に、

「ネクタイつけたことある?」って。

 

僕が「ありません」と、こたえると

 

社員Iさんは「高校生のバイトは、ネクタイ初めての子多い」と、僕にネクタイの結び方を教えてくれました。

何度か、社員Iさんの前でネクタイを練習しました。

 

そして、社員Iさんは、

「明日来たら、ネクタイの結び方、忘れてると思うよ」と、僕にいうと、ネクタイの必殺技を教えてくれました。

 

ネクタイを外す時に、

  • 結び目を全部解かず、ネクタイを少しだけ緩めて、ネクタイを上から脱いじゃう感じ(その状態でロッカーにしまっておく)
  • 明日来たら、その状態のネクタイを頭の上からかぶって、結び目をしめるだけ

と教えてくれました。

 

「だけど、それだと、いつまで経ってもネクタイ結べないから、他の社員さんの手があいているようであれば、毎日でもきいて、結べるようになれよ」って。

 

そうやってピカピカの制服を着た僕は、アルバイトの扉を開きました。

 

僕のアルバイト初日は、ネクタイの結び方を教えてくれた社員Iさんの仕事を横で見ることと、大きな声での挨拶でした。

 

お客さんの数だけ、大きな声で挨拶をしました。

「いらっしゃいませー」

「ありがとうございましたー」

 

あっという間に初日の3時間が過ぎました!

 

初バイトを終えた僕に、店長さんと社員Iさんが、

「大きな声で挨拶できとったな」と、褒めてくれました。

 

店長さんは、

「でっかい声出すの恥かしくないのか」と、僕にききました。

「声出ん子多い」と、言っていました。

※とてもスパルタな大声挨拶の職場でした

 

アルバイトを始める直前まで、学校の部活(サッカー部)で、思いきり大声を出していたので、こんなところでも、役にたったというか、助かっちゃいました。

※サッカー部を退部してスグにこのアルバイトを始めました

patorearobot.hatenablog.com

 

ハードなサッカー部のおかげで、体力的には、何の問題もありませんでした。

 

精神面では、

とてもハードなサッカー部だったので、我慢強くなり過ぎてしまっていました。

我慢のし過ぎは、身体を壊します。

何十年と経ってから、鍛え過ぎも考えモノかも。と思っています。

 

 

バイト初日、緊張から始まり、あっという間に3時間が過ぎました。

帰りは、帽子とネクタイだけをロッカーにしまい、着てきた服を手に持って、制服のままで帰りました。バイトさんみんなその格好で出退勤していました。

 

帰りのタイムカードを通して

「お先に失礼します」

 

社員さんたちから、

「おつかれさん」

 

このやり取りが、僕には新鮮でした!

サッカー部の時は、1年生だったので、先輩よりも先に帰ることがなかったから、ちょっと、帰りづらかったです。

 

ほっと。しながらの家までの帰り道

【バイトって、いろいろ学べそう】

という思いが浮かんできました。

 

【しかもお金まで、もらえちゃう】...。

 

そして

学費や部活の遠征費を出してくれていた両親は、凄いな!と。

とてもありがたい気持ちになりました。

 

家に帰ると、父にネクタイを借り、結び方を、何度も何度も、練習したマっさんなのでした。

長過ぎネクタイと短過ぎネクタイに格闘しながら☆彡

 

 

30数年前の僕のバイト代は、時給450円

今、娘のアルバイトの時給は、930円…。

すごいね!

 

つづく

 

※第3話を綴りましたらここにリンクを貼ります!

 

 

 

 

 

もう ずいぶん ネクタイをしていない!

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 プロフィール・プライバシーポリシー・お問い合わせ