パパはこころのかぜ

子育てのこと。いろいろな経験や日常を綴ります

パパのジーパンの「おヒザさん」 ヒザをついて子育てしていたパパのジーパンがぁ!

Gパン

気づけば、子育てダメージジーンズに

幼稚園☆彡 年長さんの頃

 

娘は、幼稚園へ、パパとクルマで通っていました。


幼稚園までの道を、いろいろお話しして...。
幼稚園に到着すると、駐車場から園の正門までの 100メートルの道 を、手をつないで歩きます。

 

その道で、娘に「パパっ」って呼ばれて、
パパは娘の目線に、「しゃがむ」ことが、結構な回数ありました。

 

呼ばれる理由は、いろいろで、
「ハンカチ」のことだったり、
「髪の毛ちゃんと結べてる?」だったり...。

 

帰りの降園時も「その100メートルの道」を、一緒に手をつないで歩きます。

娘に呼ばれれば、パパはヒザをついて、娘の目線に「しゃがむ」。

 

そんな生活を毎日していたら、

ある時、娘が言いました!


「パパのズボンのおヒザさんのところ、ボロボロになってるよ!」って。

 

気づけば、

子育てダメージジーンズに、なっていました!
いつも、左側の おヒザさんが...。

娘の目を見て、送り出し、迎え入れる。
子育てしていると、自然と、そうなる。
手をギュっと握って...。

お友達の お送り迎え は、みんな「お母さん」だったけど、パパと一緒に幼稚園へ通ってくれて、「ありがとう」。

 

年に数回だけど、ママがお仕事、お休みの時に、敢えて、ママが送り迎えをした時は、本当に、嬉しそうだったね。
ママと娘の大切なひととき

その幼稚園での 100メートルの道は、
3年間、娘と歩いた 想い出の道です。


僕の体調がすぐれず、苦しい時もあったけど、
あの道でいろんなことが...

あったなー

 

 

パパのジーパン☆彡

patorearobot.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク